ドキュメンタリー映画の完成上映会をします!

2015年に構想を始めて、2016年と2017年に年数回のペースで、本格的な撮影をしてきた映像を、81分のドキュメンタリー映画にしました!来週、整音とマスタリングをしたら完成です。

市民メディアの活動の理念を大事にしたかったので、地元の二風谷アイヌ文化博物館と制作プロセスを密接に共有し、協働で仕上げました。アイヌ文化やアイヌ語の細かい所も、地元の専門家に監修して頂いています。

ワールドプレミア(世界初上映)は地元で!と、制作当初から決めておりました。

その完成記念上映会を、6月30日と7月1日に二風谷の沙流川歴史館で行います。耳の聞こえにくい人や、子ども達にも見て欲しいので、全編日本語字幕版を上映します。(小学6年生までで習う漢字を基準)

様々な形で協力していただいた、地元の方々へのお礼の気持ちを込めて、今回は無料上映です!! もちろん町外の人も、どなたでも無料で見ていただけます。

この機会にぜひ、足をお運びください。地元の主人公たちはもちろん、町内の関係者、私も同席します!地元ならではの盛り上がりや会話が弾む事を願っています。

開催日時

1回目 平成30年6月30日(土) 15:00~17:00

2回目 平成30年7月 1日(日) 13:00~15:00

内  容

平取町のアイヌ文化伝承の今を追ったドキュメンタリー映画。4人の古老(川奈野一信さん、萱野れい子さん、木幡サチ子さん、鍋澤保さん)による日々の暮らしや想い、地域での活動の姿を中心に、アイヌ文化を守り伝えていくためのメッセージを映像で発信します。

会  場 沙流川歴史館レクチャーホール

主  催 平取町立二風谷アイヌ文化博物館

申し込み 不要

定  員 各回210名(先着順)

観 覧 料 無料

問合せ先 博物館(☎01457−2-2892)

映画の公式ホームページは、目下、制作中です!

<シノプシス> 日本の先住民族・アイヌ。かつて、アイヌモシ(アイヌの大地)と呼ばれた北海道の日高地方・平取町には、今も多くのアイヌ民族が暮らしている。アイヌ文化研究において多大な貢献を果たした故・萱野茂氏の出身地でもある。

1869年、明治新政府がアイヌ民族を「平民」として戸籍を作成し、同化政策や開拓を進めた結果、アイヌ文化は急速に衰退していった。 一世紀半経過した今、生活スタイルを変容させながらも、アイヌ文化を伝承する努力を続けてきたこの地域には、現代のアイヌが快活に生きる。

ドキュメンタリーの主人公は、個性多様な4人の「Ainu=ひと」たち。差別と貧乏を経験した人、伝統的な縫物を作る人、祖母のカムイユカ(口承文芸)を聞き覚えている人、イオマンテ(熊送り)などの儀礼儀式を小さい頃に見聞きした人。文化伝承のために、地域のリーダー的存在として、積極的に活動する。昭和から平成のアイヌの変容を示す生き証人でもある「ひと」の姿を描いたドキュメンタリー。

製作・監督・撮影・編集:溝口尚美 (GARA FILMS)

協働企画・制作:GARA FILMS, 二風谷アイヌ文化博物館

アイヌ語監修・翻訳:関根 健司

アイヌ文化監修:山岸 俊紀

アイヌ音楽:平取アイヌ文化保存会

ムックリ(口琴):関根 真紀(工芸家)

オリジナル音楽:【02MA RECORDS】YASUNOBU MATSUO

整音:吉田 一郎(ガリレオクラブ

題字:東 學

ご冥福をお祈りします

つかだきみこさん、というより、きみちゃん!と呼ぶのが自然です。
4月19日午前1時33分にロスアンゼルスのホスピスで亡くなりました。ニューヨークで友達になり、2010年、世界の4都市で同日に行った上映会では、ボランティアとして手伝ってくれました。2014年にロスに引っ越してから発病。頑張って闘病していましたが、早く逝ってしまいました。心よりご冥福をお祈りします。ありがとう、きみちゃん。会えてよかったよ。
Kimiko Tsukada passed away at 1:33am, April 19, 2018 in Los Angeles.
She volunteered for me when we held the one-day-screening in four-city around the world event in New York back in 2010. She got ill after moving to LA in 2014. Thank you, Kimi-chan, for being my friend. Rest in peace. Love.

photo: Anthony Alvarez photo:Anthony Alvarez

photo:Anthony Alvarez

photo:Anthony Alvarez

P1050426
P1050437

コロンビアのヘオディエルの作品!

久しぶりにコロンビアの事が書きたくなりました。

2008年12月、私が生まれて初めて南米コロンビアに行って、日本の知人からドネーションを受けた、最初のカメラやパソコンで、撮影や編集を教えたヘオディエルが、「こんなの作ったよ!」と映像を送ってくれました。

なんとアニメーション!スペイン語でナサ民族の生活や文化を紹介しています。(スペイン語は、幼児レベルの単語しかわからないので、予想ですが・・・。)ヘオディエルは、ディレクターに加えて、お父さんのボイスオーバーもしています。妊娠中のお母さんが編んでいるのは、赤ちゃんを背負う紐。赤ちゃんが生まれた後は、産婆さんがお母さんに、色々教えています。

私は2014年末にシネミンガを辞任して以来、コロンビアには行けていません。でも、Facebookで、まだ色々な人と繋がりがあり、連絡を取り合う事ができています。

これを受け取ったのは去年なんですが、ヘオディエルが、映像を作り続けている事と連絡してきてくれた事が嬉しかったです。

スペイン語も、もう少し勉強して、いつか再会したいなと思います。

FMピパウシにラジオ出演しました!

irankarapte! 

(アイヌ語:イランカラプテ|日本語:こんにちは)

アイヌの口承文芸、*カムイユカラに続いて、この言葉で始まる*FMピパウシ

(**カムイユカラの「ラ」、ピパウシの「シ」は本来小さく表記します)

2001年に平取町二風谷で、萱野茂さんが始めました。アイヌにこだわったミニFM放送局、いわゆるコミュニティラジオ局です。

放送は月1回で1時間。地域のニュースや季節の話題、アイヌ語教室に通っている方の声やエッセイの紹介、

アイヌ関連の本の紹介など、内容は盛りだくさん!番組進行も地元の人が行っています。

KayanoSigeruShiro

FMピパウシのホームページの「放送風景の写真」より転載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が平取滞在中に、代表の萱野志朗さんが、私にインタビューをして下さいました。

長年、地道に様々なアイヌ文化の伝承活動を続けておられる萱野志朗さんは、

萱野茂二風谷アイヌ資料館の運営や二風谷アイヌ語教室の事務局長としても

アイヌ文化の継承に貢献しておられます。

実はFMピパウシは、私が平取に通うきっかけとなった場所なんです。

その辺りの話もしていますので、宜しければ聞いてみてください。(少々緊張した話し方ですが・・・)

第186回目10月9日の放送分で、私が喋っているのは20分あたりから約10分です。

下記のリンクをクリックするとダウンロードできますので、是非、全部聞いてみてください!

(過去の放送は、ホームページから是非!)

fm161009

FMピパウシは、神戸から発信するFMわぃわぃでも、毎月第3土曜日18時〜19時にインターネットを通じて聴くことができます。

FMわぃわぃは、外国語放送も含めて他にも面白い番組があるので、是非チェックしてみてください!

iyayraykere! 

(アイヌ語:イヤイライケレ|日本語:ありがとう)

船を漕ぎ始めました

「溝ちゃん、どんなにしんどくても、

漕ぎ出した船を港に付けるのは、演出家の仕事なんやで」

まだ駆け出しの演出家で、あるクライアントが製作する短編文化映画を作っていた時、

私は、困難にぶちあたり、その演出を降りたいと愚痴っていた。

それを人づてで聞いた先輩の演出家からの電話で、最初に言われたのが、先述の言葉だった。

15年以上経った今でも鮮明に覚えている。

怒られたわけではなく、プロの演出家としての洒々落々としたアドバイスだった。

2008年に、初めてアイヌ文化を知るために平取町を訪れて以来、

1ー2年に1回ぐらいの割合で通い、その間、撮影をしたり、南米コロンビアの

先住民族と協働制作した短編映画を上映したりしながら、

この街で、市民メディアの観点から出来ることを模索していた。

ホームステイをさせてもらったり、あちこちで様々なことを親切に教えてもらったりと

地元の人には、かなりお世話になっており、愛着もわいていたのだが

2014年の末に、パートナーと共同運営していた非営利法人を辞任。

目的地がはっきりしないまま、私の船は港のなかを彷徨っている、そんな感じだった。

若い時に聞いた先輩の言葉も、頭に浮かびつつ、どうしたらよいか

解決策を見出せぬまま、やはり直接、お世話になった人に

自分の変化を話さなければと思い、2015年5月、平取町を再訪した。

ひょっとしたら、船を沈没させてしまうかも、という気持も抱いていたが、

地元の文化博物館に行った時に展開が変わり、協働で映像記録をするという

しっかりした目的が見えてきたのだった。

駆け出しの時代は、台本も手書き。連絡は電話。撮影も編集もテープ。

打ち合わせと称して、よく先輩や仲間と呑みにも行って、喋りながら色んなことを学んだ。殆どがアナログだった。

今や、台本シェアや連絡もインターネット。撮影も編集もデジタル。

ずいぶん便利になって、速さも数倍だ。

そんな中、変わらないこと。

それは実際に、その場所に行って、顔と顔を付き合わせた人との絆は強い。という事だ。

実際、記憶によく残る。そして何よりも温かい。

アナログとデジタルの使い分け。これを大切にしなければ、と、

デジタルどっぷりになりがちな自分に、言い聞かせている。

2016年、北海道再訪

平取町立二風谷アイヌ文化博物館と協働で映像記録を始めました。

今年は、この夏で3回目の訪問となります。

古老たちの話、カムイユカなどの口承文芸、地元のアイヌ文化に関連する景観やイベントなどを記録。

これらを、総括してドキュメンタリー映画に昇華させたいと考えています。

オプシヌプリ

私のアプローチは、地元との密接な協働。

インタビューも地元の人が聞きたいこと、残したいことを地元の人に

聞いてもらい、その上で、私が外の立場から聞きたいことを加えました。

6月には、映画製作の事を、地元の新聞が記事にしてくださいました。

北海道新聞JUNE21_edited

平取町には、アイヌ民族が多く暮らしています。

アイヌ語や文化を学ぶ人も多く、継承する活動も盛んな街なので

これまで、国内外からも多くの人が訪れ、ドキュメンタリーも作られてきました。

でも、地元には、それらの映像が残っていません。

本企画では、特に地元の後世に継承する為の映像を記録したいと思いました。

加えて、国内外でも上映することで、豊かなアイヌ文化や人々の暮らし、想いを沢山の人に

伝えたいと考えています。

この10年あまり、市民メディアにこだわってきた私としては、地元の人が自ら

ビデオ撮影や制作をしてもらいたいという気持ちがあります。

2月、地元の人の要望もあって、博物館と近くの別の事務所の人に声をかけ、

パイロット版のビデオワークショップも行いました。

DSC_0018

プロの現場で、私が体で学んできた上手く撮影する為の、ちょっとしたコツや

画角の意味などをお伝えし、私が持参したカメラとワイヤレスマイクも、全員に操作して、体験してもらいました。

世界どこでも、地元の事は地元の人が一番熟知していますし、想いも強いです。

その人たちがカメラを持つ意味、撮った映像というのは、特別だと信じています。

私が居ない間に、地元の人がいい映像を撮って、それらも映画に入れられたら最高だなと思います。

まだまだ、撮影段階なので、完成までには時間が必要ですが

1ー2年以内には、編集を終えたいと考えています。

カメラを寄付いただきました

ずっとシネミンガ(*私が2008年-2014年まで共同運営していた非営利団体です。活動記録のブログはこちら)の頃から応援くれている知人から、スチルカメラを3台、寄付いただきました。

20160224_054316417_iOS

20160224_053521473_iOS

20160224_054614813_iOS

 

 

 

 

 

 

 

そのうちの1台(赤いカメラ)を、南米コロンビアで一緒に活動したナサ民族のヘオディエル(このブログ記事で、私と2ショットの青年です)に、あげることにしました。

「今、ちょうどボゴタ(コロンビアの首都)に来ているから」と言うので、

アメリカから郵送しました。

というのも、彼はボゴタから2台のバスを乗り継いで10時間以上かかるアンデス山脈の村に住んでいて、そこに郵便を届けるのは至難の技なのです。

実はこれまでは、機材は全て手持ちで持って行っていましたが、コロンビア人の知人も、しばらくは行く機会がないというし

早く渡したかったので、ちょっと怖いなと思いつつ、国際速達郵便で送ったのです。

しばらくして、届いたか聞いた所、なんと!!なぜか、カメラ本体だけがなく(税関で盗難?)バッテリーや

充電器だけが入っていたというのです。

郵送代も安くなかったのでショックでしたが、これからはやはり、確実で信用できる「人間輸送」をしようと思います。

Uさん、せっかくのカメラを、無駄にしてしまってごめんなさい!!!

 

他のカメラは、アメリカのラコタ民族の知人にあげようと考えています。

使い方を教えないといけないので、これも私がいつか、人間輸送するつもりです。

このように、これからも自分のペースではありますが、非営利団体で活動していた時と同様、

カメラやパソコンなどが買えなかったり、使えない人に機材&技術提供をして、その人たちが自らメディアを使って

記録や発信するお手伝いをしていきたいと思っています。

中古(できれば使用後、3年以内程度のもの=あまり古いと、メディア変換が必要になって却ってお金がかかったりする為)で構いませんので、

パソコン、ビデオ&スチルカメラ、スマートフォンなど、不要な機材がお宅に眠っていたら、ご一報お願いします。

今の所、サウスダコタ・南米コロンビア・ネパールの先住民族の知人に、届ける心づもりがあります。

アイヌ語教室にカメラを寄付しました

北海道の平取町二風谷は、私が2008年から通っているアイヌ民族が人口の 約8割を占める街です。アイヌ語は、極めて消滅の危機にあるとユネスコが認定しており、その保存と継承が急務とされています。

2015年5月に、平取町を再訪した時、「ユカと語り部」という集まりが、地元のアイヌ語教室主催で行われていました。これは、古老に昔に経験した事や、ユカ(レニという拍子棒でリズムを取りながら、節をつけて語られる英雄叙事詩を聞くというものです。

伝統的なチセという茅葺きの建物で、囲炉裏を囲んで老若男女が集い、古老たちの話を聞く様子を見ながら、これはビデオで記録しないともったいない!と思いました。その時は、私がカメラを持参していたので、私が記録しましたが、私は平取町で暮らしていないので、撮り続ける事はできません。

そこで、アイヌ語教室の事務局長である萱野志朗さんに、私の思いを伝え、中古のビデオカメラがあるので差し上げたら使いますか?と聞いてみたのです。萱野さんは、1990年代に、自ら2本、短編を製作した経験もあり、ビデオの使い方を周知である事はわかっていましたので、安心して預ける事ができました。

この中古ビデオカメラは、私の旧友が送ってくれた物です。私は、2008年から2014年まで共同運営していたシネミンガの活動の一環として、使わなくなった中古カメラやパソコンを募り、機材が購入できない南米の先住民の人たちに渡していたのです。でも、日本のカメラは、日本語メニューしかないものが殆どだったので、使い方をどうしようかと思案していた所でした。

溝口尚美さんのビデオ寄贈の

北海道新聞(2015年7月2日)

今の目標は、撮り貯めた素材を編集する為に、どうにかして地元に置いておける機材を調達する事です。そして作った映像が、地元の人たちの宝として色々な形で活用されたらいいなと思っています。

最後に・・・。もしも、ご自宅や職場で、眠っているビデオカメラがあったら、是非ご一報ください。できれば、miniDVテープ式、もしくは、それ以降のSDカードなど新しい機材が嬉しいです。加えて、中古・新品のテープも、とても役立ちますので、もし処理にお困りのテープがありましたら、是非、寄付をお願いします。中古のテープは、私が責任を持って内容を消去し、アイヌ語教室に寄付します!

南米コロンビアのホセさんが、アイヌコミュニティを訪問

ホセ・メロ・チンガルさんは、南米コロンビアのマグイという地域で暮らすアワ民族です。
マグイは、アンデス山脈にあり、首都ボゴタからマグイまでは、数台のバスと徒歩で、数日かかります。

Colombia_magui Map

ホセさんの故郷は、20年以上に亘り、政府軍と反政府ゲリラの紛争に長年、巻き込まれています。中には、殺されたり、怪我をしたり、難民になった人たちも多くいます。

私がホセさんの事を知ったのは、写真家の柴田大輔さんを通してでした。柴田さんは2006年から南米コロンビアに通い、多様な風土に生きる先住民族を撮り続けていました。私もコロンビアで、ビデオを先住民族と共に製作する活動をしており、それがきっかけで、柴田さんと現地で会いました。

写真:© 柴田大輔

写真:© 柴田大輔

ホセさんの地域の事が、メディアで取り上げられる事は殆どありません。そして、ホセさんが地域の事を世界の人にも知らせたいと聞き、写真用のカメラを寄付し、ブログ作りを手伝いました。ブログはスペイン語だけでなく、英語版と日本語版も作りました。
この写真用のカメラは、私の学生時代の知人から寄付を受けた中古カメラで、これまでの企画でも、出来る限り、使わなくなったカメラを寄付してもらって、再利用してきました。

2015年5月、柴田さんは、ホセさんを日本に呼んで、スピーキングツアーするという企画を打ち立て、クラウドファンディングで資金を集め、実現させました。ツアーは、北海道・茨城・東京・愛知・京都・広島の学校や地域の様々な場所で行われ、柴田さんが写真を見せながら、ホセさんの話を翻訳し、質疑応答をするというスタイルでした。

北海道では、私が2008年から通っているアイヌ民族のコミュニティも訪問すると聞き、私もその日程に合わせて、北海道に行く事にしました。
ホセさんは、地元でアイヌ民族の伝統的な植物などの再生と継承に取り組むNPOの活動 に興味があり、同じような事を故郷でもしたいので、見学に訪れたのです。
地元の人たちとも交流し、ホセさんが持っていたバッグの素材や編み方が似ていて盛り上がったりして、とても楽しい一時でした。
その後、ホセさんは札幌の高校や大学で講演し、私はその様子をビデオに撮りました。
次に、柴田さんがマグイに行く時に、編集したDVDを持って行ってもらおうと思っています。

北海道新聞(2015年5月31日)

北海道新聞(2015年5月31日)

60才のホセさんは海外旅行が初めて。そして、文字通り、地球の裏側から徒歩・バス・飛行機を使って、東京に着き、その後も国内を移動しながら、休みなく講演が続いたというのに、疲れが見えず、それどころか、好奇心旺盛で笑顔を見せていました。彼の体力と精神力には、感服しました。

北海道学園大学にて

北海道学園大学にて